フリーランスになった時に必要なった手続きの一覧 青色専従者給与の申請付き

フリーランスになると決めたはいいけど、

どんな手続きをすればいいのか非常に悩みました。

色々ググったけど、これでいいのかとても不安だったことを覚えています。

そういった人の参考になればと思い、自分が開業時にした申請をまとめました。

今回紹介するのは個人で事業を開始し、青色専従者がいる時の例です

個人事業の開業・廃業等届出書

  • 対象者 : 全員
  • 提出先 : 税務署
  • 期限  : 開業後1ヵ月以内

書き方について

個人の事業の開始等の報告書や事業開始等申告書(都道府県によってかわります)

  • 対象者 : 全員
  • 提出先 : 都道府県税事務所 および 市区町村役場
  • 期限  : 開業後、速やかに提出(自治体により期限は異なります)

記入例(千葉県の場合)

所得税の青色申告承認申請書

  • 対象者 : 青色申告希望者
  • 提出先 : 税務署
  • 期限  : 開業後2ヵ月以内

青色専従者給与に関する届出・変更届出書

  • 対象者 : 事業専従者として支払った給与を経費にしようとする青色申告者。
  • 提出先 : 税務署
  • 期限  : 事業専従者がいることとなった日から2ヵ月以内

給与支払事務所等の開設・移転・廃止届出書

  • 対象者 : 人を雇って給与を支払う場合(事業専従者も含む)
  • 提出先 : 税務署
  • 期限  : 開業後1ヵ月以内

源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書

  • 対象者 : 給与支給が10人未満で、源泉所得税納付を年2回とする特例を適用する場合(事業専従者も含む)
  • 提出先 : 税務署
  • 期限  : 提出した翌月以降に支払う給与から適用

まとめ

色々な種類はありますが基本的には税務署に提出すればいいし、

都道府県税事務所も支所があったり税務署の隣にある事が多い様なのでそんなに苦にはならないかと思います。

青色専従者給与に関する届出・変更届出書は青色申告をするのに必要で、非常に節税効果が高くなるので是非やっておきましょう

青色専従者や給与支払い者がいる場合には源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書は是非やっておいてください。

人を雇うってことは色々と面倒な事が増えるんだなぁと思いつつも、手伝ってくれている事業専従者に給与を支払えると節税効果も高いので是非やっておくことをお勧めします。

タイトルとURLをコピーしました